石川直樹×植島啓司「熊野を歩く、熊野を撮る。聖地・熊野の表と裏をめぐる旅」


カルトラの第一弾は、世界遺産に登録され、日本有数の聖地として知られる熊野への旅。中上健次や南方熊楠を通して惹かれる人も多いこの地を、『日本の聖地ベスト100』『聖地の想像力』などの著書で知られる宗教学者・植島啓司さんと、七大陸の最高峰登頂を世界最年少で達成するなど、熊野をはじめ、世界各地を旅して多数の写真集、著作を発表してきた写真家、石川直樹さんと共にめぐります。

「聖地には神の臨在を感じさせる場所と、神に対して祈りを捧げる場所の二通りがある」

と植島さんは言います。熊野本宮大社や熊野速玉大社に代表される<表>の熊野と、巨岩信仰や修験道の場として知られる<裏>の熊野。今回の旅では、そんな表と裏の熊野を植島さん自身によるガイドで回ります。

そして、植島さんと親交があり、人類学・民俗学などの領域への関心から世界を旅してきた石川さん。最近は、国東半島など日本各地に残る「異人(まれびと)」と呼ばれる異形の神を追いかけている彼は、旅を続ける彼自身が常に別の場所からやってきた異人であり、「人間の生活は異なる他者といかに関わるかという選択の繰り返し」であると言います。今回の旅では、そんな彼による撮影のポイントのレクチャーや、参加者が撮影した写真の講評会などのワークショップも開催予定です。カメラを手に、巨大な石や樹木といった悠久の自然のなかを歩き、語り合う。写真ファンはもちろん、熊野をより深く体験するきっかけとなるでしょう。

「石は子宮の比喩であり、万物の始まりを象徴しているのである」

植島さんは、聖地とは移動の記憶であり、熊野をかたちづくる核心部分が一般に言われるような「死者の魂の集まるところ」ではなく、むしろその正反対の「万物を生み出す力」にあると言います。まさに、3.11を経て時代の大きな変わり目を実感する今こそ、熊野は訪れるにふさわしい場所なのではないか。

「日本のバリ」「東京からもっとも遠い場所」とも言われる熊野。その熊野を50年以上に渡って調査してきた植島さんと石川さんとめぐる、誰も知らない熊野。これを機会に一緒に旅に出かけてみませんか?

熊野川
熊野川 photo by Naoki Ishikawa
大丹倉
大丹倉 photo by Naoki Ishikawa
熊野古道
熊野古道 photo by Naoki Ishikawa
世界遺産神々の眠る「熊野」を歩く
おすすめ書籍
植島さんよりご紹介の、今回の旅に行く前に読んでおくと、
旅がより楽しくなりそうな一冊。
旅の前に是非ご一読を!
≫ amazon.co.jp
Specialist
  • 石川直樹
    Message
    植島先生に熊野の核心に連れていってもらいましょう。
    ぼく自身も楽しみです。
    Profile
    1977年東京都生まれ。写真家。2000年Pole to Poleプロジェクトに参加して北極から南極を人力踏破、2001年に七大陸最高峰登頂を達成。人類学、民俗学などの領域に関心をもち、行為の経験としての移動、旅などをテーマに作品を発表し続けている。写真集『THE VOID』(ニーハイメディア/2005)により、さがみはら写真新人奨励賞、三木淳賞受賞。
    『NEW DIMENSION』(赤々舎/2007)、『POLAR』(リトルモア/2007)、『VERNACULAR』(赤々舎/2008)を含む近年の活動によって東川賞新人作家賞を受賞。2010年、『ARCHIPELAGO』(集英社/2009)により、さがみはら写真賞、『CORONA』(青土社/2010)により、2011年土門拳賞受賞した。著書に『最後の冒険家』(集英社/2008)ほか多数。
    ≫ more info
  • 植島啓司
    Message
    私が半世紀調査してきた
    誰も知らない熊野を心ゆくまで堪能していただきたいと思います。
    Profile
    1947年東京生まれ。宗教人類学者。1972年東京大学卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了後、シカゴ大学大学院に留学、ミルチャ・エリアーデらのもとで研究する。関西大学教授、NYのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、人間総合科学大学教授を歴任。1970年代から現在まで、世界各地で宗教人類学調査を続けている。『日本の聖地ベスト 100』『聖地の想像力』『世界遺産 神々の眠る「熊野」を歩く』 『偶然のチカラ』『賭ける魂』他。
    ≫ more info
TourInfo
熊野(三重・和歌山)
  • 旅行日程
    2013年3月23日(土)~3月25日(月)
  • 旅行泊数
    2泊3日
  • 募集人数
    25名(最少催行人員20名)
  • 応募締切
    2013年2月28日(木)
  • 添乗員
    1名同行致します
  • カテゴリ
    ガイド+ワークショップ
  • 料金プラン
    1. 名古屋から参加される方
      ¥138,000(お1人様)
    2. 東京から参加される方
      ¥158,000(お1人様)
    3. ※往復の交通費(東京から参加の方)、途中の移動費、昼食費、宿泊費(夕朝食込)、植島啓司さんによるガイド費、石川直樹さんによる写真ワークショップ代など含みます。
    4. ※東京から参加される方でグリーン車をご希望の場合は予約画面よりご選択ください。
このツアーを申し込む
申込は終了いたしました。
Map
Stay
冨士屋 冨士屋冨士屋 冨士屋

世界遺産の熊野古道や熊野本宮大社、発心門王子や河原の露天風呂、冬期は仙人風呂が楽しめます。

熊野倶楽部 熊野倶楽部熊野倶楽部 熊野倶楽部

雄大な自然と豊かな水に育まれ、心にも体にも美味しく優しい旬の素材に恵まれている熊野。オリジナルの地酒やカクテルとともに、心ゆくまで熊野の味をお楽しみ頂けます。

Itinerary
  1. DAY1
  2. DAY2
  3. DAY3
石川直樹×植島啓司