cultra tours

  • #014

    いがらしみきお×Chim↑Pom エリイ募集人員30名|締切9/26(水)

    宣材写真

    青森「ここはいったいどこなのだろう」
    青森で見つめ直す 文明のテーマ・パーク

    カルトラ第14弾で巡るのは本州最北端の地、青森が舞台。今回のカルトラは漫画家のいがらしみきおさんとアーティスト・コレクティヴChim↑Pomのエリイさん。異なる分野で活動するお二方が織りなすこれまでにない視点。参加者のみなさまとは、恐山、三内丸山遺跡、六ヶ所村を巡りながらお二方の独自の視点を共有し、コミュニケーションを通じて"未知の発見"をしていただきます。業種の異なるいがらしさん、エリイさんと過ごす、またとない体験は、このプロジェクトだけが叶えられる特別なもの。是非ともご体験ください。

    2018年10月26日(金)~10月28日(日)

    過去のツアー
  • #013

    ART VACANCES×cultra 申込受付終了

    宣材写真

    甑島甑島で芸術家達と過ごすアートバカンス
    自然の中でエネルギーチャージする旅

    カルトラ第13弾では、芸術家達が思い思いにあそび、つくる時間を楽しむART VACANCESを目撃しに夏の甑島へ向かいます。
    芸術家達はART VACANCESの中で、釣りをしてあそんだり、自分たちで料理をして食べたり、そして自らの純粋な欲求にしたがって制作活動を行っています。
    甑島の雄大な自然の中に身を置くことで、芸術家達はとても純粋な創作意欲をもって、作品制作に取り組んでいます。芸術家達が創作へのエネルギーをチャージするように、甑島であそびつくる中で、日常へのエネルギーを充電する旅にでかけます。
    一生に一度の旅、ぜひともこの貴重な機会をお楽しみください。

    2017年8月19日(土)~8月21日(月)

  • #012

    加藤泉 申込受付終了

    宣材写真

    富山富山にしかない景色の中で、
    生きているこの世界を立ち止まって考える旅

    カルトラツアー第12弾は、国際的に活躍する加藤泉さんを迎え、富山にしかない景色を巡ります。富山県にある“入善町 下山芸術の森 発電所美術館(通称・発電所美術館)”は、取り壊される予定だった水力発電所を美術館として再生した、全国でも屈指の個性的な美術館です。名前を知っているというものの、最寄駅から車で30分程の距離にあり、交通の便がない為、実際に足を運べていないという方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな発電所美術館では、現在「この世界に生きている-加藤泉×陳飛」を開催しています。そこで、アート好きなら一度は行ってみたい、この発電所美術館を中心に、加藤泉さんとともにツアーを展開します。
    根源的な生命感を放つ加藤泉さんの作品を鑑賞するとともに、自然と共生する富山独自の文化・暮らしに触れ、生きているこの世界を立ち止まって考えるような旅、ぜひともご体験下さい。

    #012 ツアーレポート公開中

    2016年12月17日(土)~12月18日(日)

  • #011

    五十嵐太郎 申込受付終了

    宣材写真

    愛知あいちトリエンナーレ2016×cultra
    「愛知の創造の力を建築で体験する旅」

    3年に1度、愛知県で開催する国内最大級の国際的な現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ」。 今年はその開催年ということで、カルトラ第11弾では、「あいちトリエンナーレ2016×cultra」と称し、コラボレーションツアーを行います。
    前回、芸術監督を務めた建築批評家の五十嵐太郎さんと建築の視点で見どころを厳選。五十嵐太郎さんのガイドで、あいちトリエンナーレ2016の会場や、県内の名建築をめぐります。通常、アート作品にスポットライトが当てられる芸術祭を、建築や街並みを通して巡ることで、愛知ならではの様々な文化、創造の力を体験してください。

    #011 ツアーレポート公開中

    2016年9月24日(土)~9月25日(日)

  • #010

    諏訪綾子×奈良宗久 申込受付終了

    宣材写真

    金沢瞬間こそが永遠となる。禅の世界をフードアーティストと茶道家で体験する、金沢の旅。

    北陸新幹線開通でますます注目を浴びている金沢。今回cultraでは、「お茶」をテーマにして歴史と芸術の溢れるこの街を更に掘り下げていきます。新鋭のフードアーティスト諏訪綾子さんと、裏千家今日庵の業躰としてご活躍されている奈良宗久さんをゲストに迎え、「お茶」をテーマに新たな体験を創り上げます。奈良宗久さんの点てるお茶と、諏訪綾子さんがつくりだすシチュエイションによって織りなす究極の侘び茶の世界。禅の思想を体感できる場としての鈴木大拙館と、そのあじわいの体験はお互いに響きあうことでしょう。加賀百万石の武家文化が今なお息づく金沢で行う特別な茶の湯の席、ぜひともご体験下さい。
    共催:鈴木大拙館

    #010 ツアーレポート公開中

    2015年7月12日(日)~7月13日(月)

  • #009

    石井葉子 申込受付終了

    宣材写真

    岡山・犬島イヌジマトイヌジマヘイコウ
    島の記憶を引き継ぐアートプロジェクトを体験する旅

    石井葉子さんのアートプロジェクトである“妖怪イヌジマプロジェクト”。犬島で約百年前に稼働していた銅の精錬所跡地から出る黒い砂でできた瞳を持ち、犬島のことを伝えるためにうまれた妖怪です。そんな妖怪イヌジマをコミュニケーションツールとして、犬島の歴史や文化に触れるツアーを行います。
    半世紀程前まで、犬島天満宮の秋祭りで灯されていた行灯を復活させる“犬島天満宮アート行灯プロジェクト”や、年に1度しか入れない犬ノ島にて開催される犬石祭に参加し、犬島の歴史に想いを馳せます。
    また、古くから良質な花崗岩の産地として有名な犬島。かつて全国各地の城の石垣に使用される等して次第に広がっていった犬島の石を訪ねて、岡山市内の石スポットを巡ります。
    芸術祭の時期ではないからこそ、犬島の文化に深く触れる旅、ぜひともご体験下さい。

    2015年5月1日(金)~5月3日(日)

  • #008

    山口晃×村田吉弘 申込受付終了

    宣材写真

    京都日本の伝統文化、
    そこからつながる現代を体験する京都の旅

    カルトラツアー第8弾は、今日の現代美術を牽引する画家・山口晃さんをお迎えし、古都・京都を巡る旅。2012年に平等院養林庵書院に奉納され、期間限定で特別公開を行った話題の襖絵をはじめ、山口晃さんお勧めの非公開史跡や名勝を、山口晃さんご自身の解説で巡るプレミアムツアーです。また、夜には老舗料理店・菊乃井での夕食会および江戸時代から伝わる席画体験イベントも開催。「和食」のユネスコ世界無形文化遺産認定にご尽力された同料理店ご主人・村田吉弘さんが、山口晃さんの作品をモチーフに考案した、この日だけのオリジナル料理も登場します。日本の伝統文化と現代の感性を採り入れながら、新しい表現を常に追い求める二人のプロフェッショナルのトークショーも必見です。記憶に残る京都の旅、一回限りのオリジナルツアーを、初夏の京都の風景と合わせて、ぜひともご体験下さい。

    #008 ツアーレポート公開中

    2014年6月21日(土)~6月22日(日)

  • #007

    植島啓司 申込受付終了

    宣材写真

    伊勢式年遷宮で話題となっている伊勢の神秘を
    『日本の聖地ベスト100』『聖地の想像力』の著者
    宗教人類学者の植島啓司さんとめぐる旅

    『日本書紀』などの倭姫命伝説で「美し国(うましくに)」と称された三重県伊勢市。伊勢湾を臨む風光明媚な土地は、日本最古の神社の一つ・伊勢神宮の門前町として万葉の時代から多くの人に愛されてきました。カルトラツアー第七弾は、『日本の聖地ベスト100』などの著書で知られ、カルトラツアー第一弾にもご参加いただいた宗教人類学者・植島啓司さんのガイドの下、「神都」伊勢の中心に鎮座する伊勢神宮をはじめ、神宮にまつわる様々な聖地や植島さん一押しの名所をまわって伊勢の神秘を探るとともに、より多角的な視点で日本人のルーツを辿ります。

    2014年1月25日(土)~1月27日(月)

  • #006

    樋口真嗣×特撮博物館 申込受付終了

    宣材写真

    新潟・長岡特技監督・映画監督であり
    特撮博物館副館長の樋口真嗣さんと
    特撮の魅力を存分に体験する長岡の旅

    日本では「ウルトラマン」「ゴジラ」に代表される“特撮” (特殊撮影)。1950年代以降、ヒーロー・SFアクション・怪獣・戦争を主とした様々な特撮映画やテレビ番組が制作され、独自の進化を遂げてきました。2012年に東京都現代美術館で行われた企画展「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」では、これまでの特撮技術や魅力が一堂に会し、多数の観客を動員しました。カルトラツアー第六弾は、現在新潟県立近代美術館で開催されている同展覧会を、特技監督・映画監督・映像作家であり、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と同時上映された特撮作品『巨神兵東京に現わる』を監督された、今の映画界を牽引する樋口真嗣監督と巡るスペシャルツアーです。

    #006 ツアーレポート公開中

    2014年1月19日(日)~1月20日(月)

  • #005

    椿玲子×瀬戸内国際芸術祭 申込受付終了

    宣材写真

    瀬戸内森美術館キュレーターとチャーター船でめぐる
    日本の誇るアートの聖地、5つの島への旅。

    カルトラ第五弾は、森美術館のキュレーター・椿玲子さんとチャーター船でめぐる瀬戸内国際芸術祭。今年、直島に新たに誕生した建築家・安藤忠雄によるANDO MUSEUMや、豊島に誕生するアーティスト・横尾忠則と建築家・永山祐子による「豊島横尾館」をはじめ、椿さんも企画に携わる小豆島「クマグスク」など、直島、女木島、豊島、小豆島、犬島の5島の注目スポットをめぐります。日本の誇る「現代アートの聖地」瀬戸内のアート、建築、食を楽しみつくすプレミアム体験。是非この機会に、美しい島とアートの織りなす瀬戸内海の魅力をご堪能ください。

    2013年8月23日(金)~8月25日(日)

  • #004

    村田吉弘×名和晃平 申込受付終了

    宣材写真

    京都京都から世界を見つめる
    食とアートの饗宴を楽しむ旅。

    カルトラの第四弾は、「京都料亭・菊乃井」の主人/村田吉弘さんと彫刻家、「SANDWICH」主宰/名和晃平さんのコラボレーションです。名和ワールドに演出された菊乃井・本店の食空間で、この日限りのメニューも加えて最高の懐石料理を味わって頂きます。日本料理の文化を世界へ広めていく村田吉弘さん。一昨年の東京都現代美術館での個展「名和晃平-シンセシス」、本年6月には韓国・チョナンでの屋外彫刻の発表と日本だけでなく世界へと作品を発信する名和晃平さん。二人の共通点は、京都に本拠地を持ち、情報を世界へ次々と発信していくパワフルな姿勢。今回の企画は、二人の持っているこの情熱を思い切り体感するプレミアムツアーです。食通の人もアート通の人も楽しめるはずです。

    #004 ツアーレポート公開中

    2013年6月30日(日)~7月1日(月)

  • #003

    石川直樹 申込受付終了

    宣材写真

    大分・国東半島今、石川直樹さんが最も注目している地域、
    大分・国東半島の旅。

    カルトラの第三弾は、古事記の時代から九州と朝鮮半島を結ぶ交易の要衝であった大分・国東半島の旅。石川直樹さんが、島や半島に多く出現する「異人」の祭祀を追い続ける過程で出会ったのが国東半島でした。1300年前の風景がいまだに残る自然や、日本で最も多いと言われる石仏、神仏習合の文化、そして、昨年よりスタートした国東半島アートプロジェクトの作品を石川直樹さんと共に歩き、体感して頂きます。さらに今回は国東半島だけでなく、源泉数世界NO.1の別府温泉でたっぷりと温泉を楽しんでください。

    #003 ツアーレポート公開中

    2013年8月2日(金)~8月4日(日)

  • #002

    ハービー・山口 申込受付終了

    宣材写真

    滋賀個展「HIKARICAL SCAPE」鑑賞と、
    あなたのポートレートを撮影してもらう旅。

    カルトラの第二弾は、国内外のミュージシャンや市井の人々を捉えたモノクローム写真で人気の写真家、ハービー・山口さんと行く滋賀への旅。滋賀県立近代美術館で開催中の個展「HIKARICAL SCAPE 雲の上はいつも青空」を自らご案内頂くほか、琵琶湖畔や歴史ある町を歩いて写真ワークショップと講評会を行い、参加者一人一人のポートレートを撮影していただきます。後日、その写真がハービーさんのオリジナルプリントで送ってもらえるプレミアムツアー。

    2013年3月30日(土)~3月31日(日)

  • #001

    植島啓司×石川直樹 申込受付終了

    宣材写真

    熊野誰も知らない熊野へ。聖地・熊野の表と裏をめぐる旅

    カルトラの第一弾は、世界遺産に登録され、日本有数の聖地として知られる熊野への旅。この地を『日本の聖地ベスト100』『聖地の想像力』などの著書で知られる宗教学者・植島啓司さんと、世界最年少で七大陸の最高峰登頂を達成し、世界各地を旅して写真を撮ってきた写真家、石川直樹さんと共にめぐります。熊野本宮大社や熊野速玉大社に代表される<表>の熊野と、巨岩信仰や修験道の場として知られる<裏>の熊野。誰も知らない熊野を2人と歩き、写真を撮るプレミアム体験の旅。

    #001 ツアーレポート公開中

    2013年3月23日(土)~3月25日(月)