「ここはいったいどこなのだろう」青森で見つめ直す 文明のテーマ・パーク

Premium Experiences

  1. みなさまが作った文章やスケッチと、いがらしさんの絵をコラボレーションした作品を制作
  2. いがらしさんがこの旅で巡る3カ所をキャラクター化
  3. エリイさんと参加者みなさまによる作品制作

未知のこと、不可視なことを漫画で表現するいがらしみきおさん。現代の普遍的な社会問題と真摯に向き合い、鮮度の高い表現で作品を世の中に打ち出していくアーティスト集団Chim↑Pom のエリイさん。このお二方が興味を持っている、恐山、三内丸山遺跡、六ヶ所村を共に巡ります。わたしたちが生きていく上で必ず直面している「信じること、暮らすこと、解決すること」それぞれとどのように関わっていくのかテーマを抽出し、具現化したエリアをめぐりながら、お二方と共に考察します。

この三ヶ所は各々が異なる明確な目的のもと開かれていますが、訪れる人の目的や受けとる印象は様々です。また、大きなテーマや概念を具体化し、演出された場所は、広義の解釈でテーマ・パークとも呼べるでしょう。そこでお二方とともにこの三カ所を「文明のテーマ・パーク」として位置づけ、この旅を通して「ここ はいったいどこなのだろう」と考え、共有することで、新たな解釈を得て、「ものごとの捉え方」に広がりを持つことを目指します。

  
photo01

1日目は訪れたいとは思っていてもなかなか行けない、青森の特徴的な地形を形成する二つの半島のうちの下北半島。
そこにある日本でも唯一、死後の世界や死者に寄り添えるといわれる恐山菩提寺へ。
別名「宇曽利山」とも呼ばれている恐山は、高野山、比叡山と並び、日本三大霊山に数えられています。

photo02

恐山ではいがらしさん、エリイさんと共に、死者や死後の世界について想いを馳せながら巡ります。死者や死後とは?人類はどうしてここを死後と結びつけたのでしょうか?

生と死の世界の境界線を感んじる、宇曽利山湖では、この場所で感じたことをみなさまで思い思いの「ことば」を使って形に残し、そこにいがらしさんに連想したキャラクターを描いていただきます。

photo03

2日目は六ヶ所村原燃PR センターへ向かいます。
ここでは3.11 以前と以後で施設に対する印象がまるで異なり、その印象の違いを参加者の方々に見ていただきます。
この施設は3.11 以前に建てられたもので、原子力をポジティブなものとしてアピールしています。

photo04

しかし、3.11 後、この施設はポジティブでもネガティブなものでもない、テーマが抽象的に浮遊している状態です。
だからこそここで、参加者のみなさまと一緒に「ここ はいったいどこなんだろう」と考えてみたいと思います。
参加者様それぞれが感んじた印象を絵や文章で付け加えていただき、いがらしさんも言葉では表わせない抽象的な印象をキャラ化することで、抽象的なイメージを具体化し、参加者全員で共有することで、この施設の「文明のテーマ・パーク」の在り方を探求します。

その後、三内丸山遺跡に向かいます。
ここは国内でも最大級の縄文時代の遺跡群です。現在も調査が行われています。
ハード面ではどのような住居であったかなどは、解明されつつあります。

photo05

ソフト面である、どのような生活をしていたかはまだ未知の状態です。
そこで、遺跡群を巡りながら、どのような生活をしていたか想像してみましょう。

photo06

そして旅のクライマックスは、エリイさんと参加者のみなさまで、この旅を通して感じたことをもとにパフォーマティブな作品を制作します。ご期待ください。

その後は夕食をいただきながらのフリートーク。文明のテーマ・パークである3カ所で行ったワークショップや作品制作を通して、恐山、三内丸山遺跡、六ヶ所村それぞれの印象がどう変わったか、みなさまで自由にディスカッションしてみましょう。

3日目はホテルで現地解散となります。
このプロジェクトの感想をいがらしさんとエリイさんとのお話のあとは、みなさま思い思いの青森を観光をお楽しみ下さい。

Specialist

  • いがらしみきお

    いがらしみきおMikio Igarashi

    Profile
    • 1955年 宮城県中新田町(加美町)に生まれる。
    • 1979年 「玉川原球場の乱」でデビュー。以降、多数の雑誌に連載。
    • 1984年 休筆を機に住居を仙台に移す。
    • 1986年 再起第一作「ぼのぼの」を発表。
    • 1995年 TVアニメ「ぼのぼの」放映。
      「忍ペンまん丸」連載。
    • 2001年 「Sink」をインターネット上で配信。
    • 2002年 劇場用アニメ「ぼのぼの クモモの木のこと」の原案、脚本を担当。
    • 2007年 「かむろば村へ」連載。
    • 2010年 「Iァィ」、「なりきりコスピーちゃん」連載。
    • 2011年 山上たつひこ原作「羊の木」連載。
    • 2014年 思想誌atプラスに「誰でもないところからの眺め」連載。
    • 2015年 映画「ジヌよさらば かむろば村へ」公開。
      せんだいメディアテークにて「物語りのかたち」を展示。
    • 2018年 劇場用映画「羊の木」公開。
      2016年から2018年にかけて、石巻市石ノ森萬画館、青森県立美術館、新潟県新津美術館で「ぼのぼの原画展」を開催。
    受賞歴
    • 1983年 「あんたが悪いっ」で日本漫画家協会優秀賞受賞。
    • 1988年 「ぼのぼの」で講談社漫画賞受賞
    • 2010年 宮城県芸術選奨を授賞。
    • 2016年 「誰でもないところからの眺め」で日本漫画家協会優秀賞受賞。
    ≫official web site
  • Chim↑Pom エリイ

    Chim↑Pom エリイ

    Profile
    2005年に東京で結成した6人組アーティスト集団Chim↑Pom(チン↑ポム)のミューズ。時代のリアルに全力で介入した強い社会的メッセージをもつ作品を次々と発表し、国内外でさまざまなプロジェクトを展開。主な著作に作品集『SUPER RAT』(パルコ出版)、写真集『エリイはいつも気持ち悪い』、『芸術実行犯』(朝日出版社)、など。Chim↑Pom発案の、東京電力福島第一原子力発電所周辺の帰還困難区域内での「見に行くことができない」国際展『Don't Follow the Wind』を、2015年3月11日にスタートさせた。また高円寺にアーティストランスペース〈Garter〉もオープンし、展覧会やイベントの企画も行う。 ≫official web site
Tour Info
青森
  • 旅行代金
    ¥98,000
  • 旅行日程
    2018年10月26日(金)~10月28日(日)
  • 旅行泊数
    2泊3日
  • 募集人数
    30名(最少催行人員20名)
  • 応募締切
    2018年9月26日(水)
  • 添乗員
    1名同行します
  • カテゴリ
    対話型ツアー
Map
Stay

今回のツアーでは複数ホテルをご用意しておりますが、応募人数の状況によっては、一つのホテルでのご宿泊、もしくは分宿となる可能性がございます。

詳細が確定しましたら、運営事務局より改めてご連絡させていただきます。

Itinerary

DAY1

  • 新青森駅集合
  • 新青森駅よりバスで移動
  • 昼食(華仙)
  • 恐山菩提寺到着
  • 恐山めぐり
  • いがらしさんワークショップ
  • 宿泊先移動
  • 夕食
  • ワークショップのフリートーク

DAY2

  • 朝食
  • 出発
  • 六ヶ所原燃PR センター見学
  • 昼食(みちのく料理西村)
  • 山内丸山遺跡見学
  • エリイさんと参加者みなさまによる作品制作
  • 宿泊先移動
  • 夕食
  • ワークショップのフリートーク

DAY3

  • 朝食
  • 今回のプロジェクトの感想
  • 現地解散

※天候並びに交通事情等で目的地や時間が変更になる場合がございますので予めご了承ください。